2005年12月24日

タナカ×天久聖一×ピエール瀧 トークショー

トークショーは、ちょっと素顔の3人が見れて面白かった♪
以下印象に残っている内容を。

天久氏は漫画家になる前に看守をやっていた!そこで職員向機関紙に4コマ漫画連載。
3人共通なのは、子供の頃マンガを描いて(何ページかの本の体裁にして)友達に見せたりしてたこと。
タナカ氏抒情派漫画を描いたのは、ギャグマンガだとページ数少なくてお金にならないから。
ブッチュ君はあまり売れなかった。
なんとバカドリル時代の原稿を出版社が紛失!天久氏、チャゲアスのYA!YA!YA!をBGMに殴りこみに行くも、いざとなると弱腰になり不発に終わる。
「GOMES」のバカドリルは、ボディコン社員が漫画家への対応(断り方)がわからず、そのまま載せていた(野放し)だけだった!
ピエールの最近好きなことは「できそうにもない仕事を引き受けること」。戦争映画に出てみたり。。。。

などなど。
漫画を描くって子供時代の共通の思い出だね〜と共感。youpandaも親戚の文通相手に迷惑考えず、何ページかのマンガを送ったな。多分切手不足だったろうな。。。
posted by youpanda at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。