2006年09月30日

無題

負の感情ばかりが溢れ出して どうしようも無いときがある
負の感情が 正の感情を上回り バランスを悪くする

ときに機会人間のように 無表情な自分に気づく
どこかに感情を置き忘れてきてしまったかのように
ときに人の心に対して 鈍感な自分に気づく

その無表情は感情を心の奥底にしまいこんでしまったからなのか
その鈍感さは己を守るために身に着けた鎧のせいなのか

心の底から笑ったのはいつだろう


posted by youpanda at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/24679454

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。